沿革

1953年 OS 大阪府堺市において奥村商会(現オーエス)創立
1958年 OS 株式会社奥村商会(現オーエス)設立
1967年 OS オーエススクリーン株式会社(現オーエス)に社名変更
1968年 OS OS SCREEN 商標登録
1969年 OS 営業所、工場を開設、堺工場を大阪市住之江区に移転
1971年 OS 大阪府建設業者登録
1971年 OS 東京営業所を開設
1972年 OS OHPスクリーンを発売
1972年 OS 大阪住之江社屋第二工場、増設
1976年 OS テレビハンガーを開発
1977年 OS 新社屋(オーエス大阪ビル)竣工、本社を大阪市西成区に移転
1978年 OS 札幌営業所、福岡営業所を開設
1979年 OSM オーエス工業株式会社(現 株式会社オーエスエム)を枚方市に設立
1980年 OS 名古屋営業所を開設
1981年 OSM AVキャビネットを開発
1983年 E&C 北海東和エンジニアリング株式会社(現 東和E&C株式会社)を設立
1984年 OS 東京営業所を東京都千代田区に移転
1987年 OS 一般建設業許可(建設大臣許可(般-62)第12111号 機械器具設置工事業)取得
1988年 OS オーエススクリーン株式会社を株式会社オーエスに社名変更
1989年 OS 資本金を3,600万円に増資
1991年 OS 仙台営業所を開設
1991年 OSM パールスクリーン(パールのオーエスという評価を得たスクリーン)開発
1992年 全社 全社オンラインスタート
1992年 OS 名古屋営業所を名古屋市北区に移転
1992年 OS 札幌営業所新社屋を札幌市白石区に建設移転
1993年 OS 東京支店新社屋(オーエス東京ビル)竣工、東京支店を東京都足立区に統合移転
1994年 OS 広島営業所を開設
1994年 E&C 資本金を1,000万円に増資
1996年 OS 大阪・東京間にWAN(Wide Area Network)構築
1996年 OS ホームページ開設
1997年 OS 金沢営業所を石川県金沢市に開設
1997年 OS 横浜営業所を横浜市中区に開設
1998年 OS 大阪本社・東京本社の2本社制を開始
1998年 E&C 資本金を1,500万円に増資
1998年 OS 資本金を4,608万円に増資
1999年 全社 オーエスグループ、ネットワーク開始
2000年 OS 環境活動の国際規格ISO14001取得
2000年 OS+e 株式会社ホームシアター(現 株式会社オーエスプラスe)を東京都港区南青山に設立
2000年 OSM ピュアマットシリーズ(WFシリーズ)誕生
2000年 OSM オーエス工業株式会社(現 株式会社オーエスエム)が環境活動の国際規格ISO14001取得
2001年 OS 福岡営業所を福岡市博多区に移転
2001年 OS 埼玉営業所をさいたま市に開設
2002年 OSI OSI CO., LTD. を香港に設立
2002年 東莞奥愛斯影音器材有限公司を中国広東省に設立
2003年 E&C 北海東和エンジニアリング株式会社を東和E&C株式会社に社名変更
2003年 OS+e 環境活動の国際規格ISO14001取得
2003年 OS+e 東京都足立区にホームシアターギャラリーを開設
2003年 東莞奥愛斯影音器材有限公司が品質管理・保証の国際規格ISO9001を取得
2004年 OSI KOREA OSI CO.,LTD.を韓国に設立
2004年 東莞奥愛斯影音器材有限公司が上海事務所を設立
2004年 OS+e THX認証ハイパフォーマンス・サウンドスクリーンを製造販売するスクリーンリサーチ社(フランス)の製品販売開始
2005年 OSM オーエス工業株式会社(現 株式会社オーエスエム)の本店を兵庫県宍粟市に移転
2005年 東莞奥愛斯影音器材有限公司が広州事務所を設立
2005年 OS+e 世界ナンバー1 DLPプロジェクターのOptoma社製品発売開始
2005年 OS+e Optoma社製、世界初のDVDプレーヤー一体型プロジェクターを発売開始
2005年 東莞奥愛斯影音器材有限公司が北京事務所を設立
2006年 OS+e ハイデザイン・ハイパフォーマンスを誇るVogel’s社(オランダ)の製品発売開始
2006年 NJMC 株式会社次世代商品開発研究所を設立
2006年 東莞奥愛斯影音器材有限公司が上海事務所を移転
2006年 OSM サウンドスクリーンWS102がTHXの認証獲得
2006年 OS 一般建設業許可(国土交通大臣許可(般-18)第12111号 機械器具設置工事業)更新
2006年 OSI KOREA OSI CO.,LTD.を閉鎖し、現地AVディーラの株式会社SOVICOと業務提携
2007年 OSI OSI Europeをオランダに設立
2007年 E&C 伊達営業所を開設
2007年 OS+e 古物商許可証取得
2007年 OS 京都営業所を京都市下京区に開設
2007年 OS 沖縄営業所を那覇市に開設
2007年 OS 東京西営業所を渋谷区に開設
2007年 OS 東京営業所を東京東営業所に名称変更
2007年 全社 基幹システムを刷新
2007年 OSM オーエス工業株式会社を株式会社オーエスエムに社名変更
株式会社オーエスエムの生産拠点を兵庫工場へ統合
2007年 OS 横浜営業所を中区不老町から海岸通へ移転
2007年 OS 仙台営業所を若林区から青葉区へ移転
2007年 OSB 株式会社オーエス沖縄黒板(現 株式会社オーエスビー沖縄)を沖縄県に設立
2007年 OSB 株式会社オーエス沖縄黒板(現 株式会社オーエスビー沖縄)が沖縄県宜野湾市に宜野湾支店を開設
2007年 OSB 株式会社オーエス沖縄黒板(現 株式会社オーエスビー沖縄)が沖縄県宜野湾市に本社を移転
2008年 OS
OSB
株式会社オーエスから株式会社オーエス沖縄黒板(現 株式会社オーエスビー沖縄)に沖縄営業所の業務を移管
2008年 OSB 株式会社オーエス沖縄黒板(現 株式会社オーエスビー沖縄)が社内ネットワーク完成
2008年 OSB 株式会社オーエス沖縄黒板(現 株式会社オーエスビー沖縄)が営業所を統合
2008年 OS+e 日本で始めて50万円を切るOptoma社製DLPフルHDプロジェクターを発売開始
2008年 OSB 株式会社オーエス沖縄黒板(現 株式会社オーエスビー沖縄)が建設業許可(沖縄県知事許可(般-19)第11338号、建築工事業、大工工事業、屋根工事業、内装仕上工事業、タイル・れんが・ブロック工事業)取得
2008年 OS 東京西営業所に横浜・埼玉営業所を統合
2008年 OS 新潟営業所を開設
2008年 OS 東京東営業所を首都圏営業所に名称変更
2008年 OS 本社機構を大阪本社に統合、東京本社を東京本部とし1本社制に変更
2008年 OS 東京西と首都圏を統合し、首都圏営業所に一本化
2008年 OS+e Optoma社製、世界最小・最軽量のポケットプロジェクターをApple Storeにて世界先行発売開始
2008年 OS
E&C
株式会社オーエスから東和E&C株式会社(総代理店)に札幌営業所(北海道地区)業務を移管
2008年 E&C 株式会社オーエスと業務提携、オーエス商品の北海道内における総代理店となる
2009年 OS 福岡営業所を福岡市博多区山王から博多駅東へ移転
2009年 OS 一般建設業許可(国土交通大臣許可(般-21)第12111号 電気工事業)取得
2009年 OS 名古屋営業所を名古屋市北区金田町から中区大須へ移転
2009年 OS 金沢営業所を北陸営業所に改称し、富山県小矢部市へ移転
2009年 OS+e 株式会社ホームシアターを株式会社オーエスプラスeに社名変更
2009年 OS 東京社屋にNBC(ニュービジネスセンター)を開設
2009年 OSB 株式会社オーエス沖縄黒板(現 株式会社オーエスビー沖縄)が沖縄県中頭郡北谷町に本社を移転
2009年 OS+e コンタクトセンターを開設、フリーダイヤル化
2009年 OS+e ソフトバンクモバイルとのパートナー契約を締結、代理業務の開始
2009年 OS+e ソフトバンクテレコムとのパートナー契約を締結、代理業務の開始
2009年 OSM ディスプレイハンガーを開発
2009年 OS+e シネマスコープサイズ対応のカーブドスクリーン販売開始
2010年 OS+e 新素材スクリーン ウルトラビーズ・プレミアムグレー「BU202」販売開始
2010年 E&C 伊達営業所を移転
2010年 OS+e ECサイト「いいホームスタイル.com」オープン(MakeShop店オープン)
2010年 OS+e 米国最大手アナモフィックレンズメーカーPanamorph社製品の正式取扱い開始
2010年 OS+e スーパーフラットなオーエス新型スクリーン「Pセレクション」販売開始
2010年 OS+e 新素材スクリーン ピュアマットⅡEX「WF203」販売開始
2010年 東莞奥愛斯影音器材有限公司を閉鎖
2010年 OSC 喜摩租賃(北京)有限公司(現:奥愛斯商貿)へ第三者割当増資による出資
2010年 全社 オーエス東京ビルにショールームを開設
2010年 NJMC どこでも発電®モバイルソーラー開発
2011年 OS 大阪営業所が京都営業所を統合し、近畿営業所に名称変更
2011年 OS 名古屋営業所を中部営業所に名称変更
2011年 OS 東日本大震災宮城県被災地にGSR-110B-S1を300台寄贈
2011年 OS 一般建設業許可(国土交通大臣許可(般-23)第12111号 機械器具設置工事業)更新
2011年 OS 新潟営業所を首都圏営業所へ統合
2011年 OS+e Optoma社製 3D対応フルHDプロジェクターを発売開始
2011年 OSC 喜摩租賃(北京)有限公司(現:奥愛斯商貿)を完全子会社化
2012年 OS 北関東・新潟営業所を開設
2012年 OS+e サイドテンション付き電動スクリーン「STP」 販売開始
2012年 OS+e 海外市場で好評のサウンドスクリーン生地「サウンドマット」国内新発売
2012年 OS+e 4K対応プロジェクター用スクリーン「マルチピクス4K」ヨーロッパから輸入販売開始
2013年 OS 一般建設業許可(国土交通大臣許可(般-24)第12111号 電気通信工事業)取得
2013年 OS+e 4K・8K対応プロジェクター用スクリーン「ピュアマットⅢ」販売開始
2014年 OSB 株式会社オーエス沖縄黒板(現 株式会社オーエスビー沖縄)が建設業許可(沖縄県知事許可(般-24)第11338号
建築工事業、大工工事業、屋根工事業、内装仕上工事業、タイル・れんが・ブロック工事業)更新
2014年 OS+e 巻き取り可能な、4K・8K対応プロジェクター用スクリーン「ピュアマットⅢCinema」販売開始
2014年 OS 一般建設業許可(国土交通大臣許可(般-26)第12111号、電気工事業、電気通信工事業、機械器具設置工事業)更新
2014年 OS+e ECサイト「いいホームスタイル.com」Yahoo!ショッピング店オープン
2014年 OSM
NJMC
株式会社次世代商品開発研究所を株式会社オーエスエムの開発部門と合併し研究所を設立
2014年 OS+e 初のLED光源を採用したフルHD DLPプロジェクターOptoma HD90発売
2014年 OSB 株式会社オーエス沖縄黒板を株式会社オーエスビー沖縄に社名変更
2015年 OS 北陸営業所を富山県小矢部市から石川県金沢市へ移転
2015年 OS+e いいホームスタイル.com Amazon店オープン
2015年 E&C 伊達営業所を本社に統合
2015年 E&C イー・ダブリュ・エス株式会社(緊急情報ネットワーク表示システム)と代理店契約を締結
2015年 OS+e 初のフルHD超短焦点プロジェクターOptoma EH320UST発売
2015年 OSC 喜摩租賃(北京)有限公司を奥愛斯商貿(北京)有限公司に社名変更
2015年 OS+e いいホームスタイル.com 楽天市場店オープン
2016年 OSM
NJMC
第一回「しそうビジネスサポート 2016」に出展
2016年 OSM
NJMC
熊本地震の支援として、太陽光発電シートと蓄電・供給用バッテリーを提供
2016年 OS+e カスタムメイドスクリーンシステム開発、Web公開
2016年 OSB オーエスビー沖縄のオリジナル製品に「OSBEE」マークを開始
2016年 OS 横浜営業所を首都圏営業所から独立し中区扇町へ移転
2016年 OSB 10周年記念展示会「わったーしんか あちまれー!」を開催
2016年 OS 北関東・新潟営業所を東京都足立区から埼玉県さいたま市大宮区へ移転
2016年 OSB 小森 將司が代表取締役に就任
2016年 NJMC 街灯セット「TerraSerdeストリートライト」新登場
2017年 NJMC 株式会社次世代商品開発研究所の本社を宍粟市に移転
2017年 OS ディスプレイを取り付ける、ハンガー、スタンドの自動検索システムを開発、Web公開
2017年 NJMC 「ものづくり次世代キッズ博士養成塾」を宍粟市様と共同で開催
2017年 OSM サイネージ筐体組立ライン設置、稼働を開始
2017年 OSM ABEイニシアティブ・インターンシップ制度開始
2017年 OS+e 世界初の4K HDR適合スクリーン「レイロドール(HF102)」発売
2017年 OSB 小学生を対象とした「黒板・白板製作体験会」を謝苅区公民館 様主催で開催
2017年 OS+e Optoma初の4K HDRプロジェクター「UHD65」発売
2017年 OS+e いいホームスタイル.com 本店いいホームプラスとして新規オープン
2017年 NJMC 「ものづくりDr.KidsKeyアカデミー」をオーエス東京ビルで開校
2017年 NJMC 「ものづくりDr.KidsKeyアカデミー」をオーエス東京ビルで毎週水曜日に開校
2017年 OSM 4K対応スクリーン「レイロドール(生地型式:HF102)」を開発
2017年 OSB 沖縄県主催の「地域巡回マッチングプログラム事業」に参画
2018年 OSM 株式会社カイレン・テクノ・ブリッジ社と製造委託契約を締結、バッテリー供給を開始
2018年 OSB 建設業許可(沖縄県知事許可(般-29)第11338号、建築工事業、大工工事業、屋根工事業、タイル・れんが・ブロック工事業、内装仕上工事業、機械器具設置工事業)更新
2018年 OS オーエスプロジェクター「LUXOS]誕生
2018年 OS 4K対応防炎スクリーン「WFプロ(生地型式:WF801)」誕生
2018年 OS+e DarbeeVisualPresenceを搭載した世界初のプロジェクターOptoma「HD39Darbee」発売
2018年 OS+e プロジェクターメーカー4社協賛による同時投写イベント開催
2018年 E&C 札幌市内に新社屋を建設。事務所を移転
2019年 OS 一般建設業許可(国土交通大臣許可(般-31)第12111号、電気工事業、電気通信工事業、機械器具設置工事業)更新
2019年 OSB 建設業許可(沖縄県知事許可(般-1)第11338号、電気工事業 取得
2019年 OSM 姫路デザインオフィスを開設
2020年 OS+e 「OS SCREEN」ブランドを復活
2020年 OS+e プロジェクターレンタルサービスを開始
2020年 OSM 資本金を6,000万円に増資
2020年 OSB 資本金を1,000万円に増資
2020年 NJMC 資本金を1,500万円に増資
2020年 NJMC 株式会社次世代商品開発研究所の本社を大阪府に移転
2020年 OSB 沖縄営業所・兵庫営業所を開設
2020年 OSB 秋田営業所を開設
2020年 OSM ロジスティクスセンターが稼働
2020年 OS+e Optoma初の4K HDRレーザープロジェクター「P1」発売
2020年 OS 一般建設業許可(国土交通大臣許可(般-2)第12111号 内装仕上工事業)取得

会社名略称

OS 株式会社オーエス
OSM 株式会社オーエスエム
OS+e 株式会社オーエスプラスe
OSB 株式会社オーエスビー沖縄
NJMC 株式会社次世代商品開発研究所
OSI OSI CO.,LTD.(H.K.)
OSC 奥愛斯商貿(北京)有限公司
E&C 東和E&C株式会社